=

enable

  • ブランドから探す
  • カテゴリー・
    製品名から探す
ZF RACE ENGINEERING
ゼットエフ レース エンジニアリング
DREXLER
ドレクセラ
PAGID RACING
パジット レーシング
SAMCO sport
サムコ スポーツ Samco Sport
BMRS
ブラウン&ミラーレースソリューションズ Brown & Miller Solutions
krontec
クロンテック
TEKNOFIBRA
テクノフィブラ
RACELOGIC
レースロジック
POWERFLEX
パワーフレックス
BOSCH ENGINEERING
ボッシュ エンジニアリング
ATEC
エイテック
RAVENOL
ラベノール
Drenth
ドレンス
KMP
ケイ・エム・ピー
Clarendon Specialty Fasteners
クラレンドン
SMAC
スマック
SOBEK
ソベック
SADEV
サデブ
CTW Automation
CTW オートメーション
CASELINER
ケースライナー
bf1systems
bf1システムズ
THERMOTEC
サーモテック
ATL
エーティーエル
GT3
GT3車両向け
Formula car
Formula car向け
Formula Student
学生フォーミュラ
Others
その他
ホース&フィッティング
ProGold Convoluted PTFE Hose
ATECアダプター
ハイフローカップリング
ハイドラフローカップリング
SAMCO Silicon hose
Xtreme Silicon hose for race
溶接フランジ
Oリング
SAMCO sport ホースクリップ
ProGold Fitting
Crimped type hose
Crimped type hose
Protection Sleeves
ファスナー・ベアリング・ナット
エアロキャッチ
エアロキャッチ ”2”シリーズ
ファスナー・ベアリング・ナット
ファスナー・ベアリング・ナット
エアロキャッチ ”3”シリーズ
電子部品
bf1 TPMS
bf1 IRTPTMS Wheel Sensor
PerformanceBox
DriftBox
VBOX Sport
RACELOGIC VIDEO VBOX HD2
VIDEO VBOX LITE
VIDEO VBOX
その他
bf1 Mini Analyser
Caseliner Pit Trolley
Caseliner RF200 Refueling Rig
Caseliner Rotary Boom IB100
Caseliner Pit Perch Formula
Caseliner Tyre Heater Rack
Caseliner Unicase Pro
Caseliner Powerhood S200-16
CTW RD2
CTW RD3
CTW RD5
CTW RD7.5
CTW RD10
Variacor スイベルフィッティング
デジタルタイヤパイロメーター
デジタルタイヤゲージ
ファイヤーサプレッションブランケット
スーパーB(SUPER-B)
スーパーB(SUPER-B)
スーパーB(SUPER-B)
サベルト
ピットエクイップメント
レーシングステアリングキット
エアジャッキ関連品
エアジャッキ
オプションパーツ
KRONTECカタログページ
特価販売 for Formula Student
社員募集中
Caseliner Racefloor
POWERFLEX 車種別適合表
カタログダウンロード
Caseliner PDF Catalog download
ATECカタログ
ZFカタログ
SOBEKカタログ
KRONTECカタログ
BMRSカタログ
SAMCOカタログ
製品スペック一覧
CTW RD製品 スペック一覧
駆動系部品
2 WD Transverse
GT3 &カレラカップ 車両向け CLUTCH
2 WD Transaxles
4 WD Transverse
4 WD Transaxles
86/BRZ シーケンシャルギアボックス
DREXLER LSD for FORMULA STUDENT: FS2010
DREXLER ADJUSTABLE LSD for FORMULA STUDENT: FS2016
FORMULA CLUTCH SYSTEM
PERFORMANCE CLUTCH SYSTEM
RACING CLUTCH SYSTEM
DREXLER L.S.D.
DREXLER L.S.D. TCR
ダンパー
SMAC
SMAC
SMAC サイズ&価格リスト
2種類の材質
PERFORMANCE COILOVER KITS
RACING DAMPER SYSTEM
FORMULA STUDENT DAMPER
ADVANTAGE SET (SAS)
FORMULA MATRIX DAMPER
フューエルエクイップメント
フューエルフィルター
ボッシュフューエルポンプブラケット
ボッシュフューエルポンプ(200L/h)
ボッシュフューエルポンプ(165L/h)
給油装置 Refueling System
給油装置
ヒートコントロール
ゴールドフィルム
ゴールドフィルム
Exhaust thermal insulation lap
Turbo Insulation Kit
Hivelocity Exhaust Jacket
バッテリーラップヒートバリア
Heat Barrier
Snap Strap
Thermo Sleeve
Express Sleeve
Micro Louver Air Shield
ブッシュ
サスペンションブッシュ
スタビライザーブッシュ
メンバーブッシュ/エンジンマウントブッシュ
キャンバーボルト
オリジナルブッシュ製作
ブレーキ
RSL for endurance
RST for sprint
RSC for ceramic
RS basic compound
RSH for historic
RACING BRAKE DISCS
RACING BRAKE FLUID
サービス
オーバーホール(KRONTEC)
オーバーホール(ZF)
ダクト・ホース
Duct Hose (Orange Silicon)
Duct Hose (Orange Silicon)
Duct Hose (Black Neoprene)
Duct Hose (Black Neoprene)

フリーワードで探す

製品詳細

RSL for endurancePAGID RSL

製品カテゴリー:ブレーキ

耐久レース向け摩材

Endurace Racing Material

GT車、ツーリング車、プロトタイプ耐久レースに使用されています。
高い摩擦と良好な安定性のために、スプリントレースで使われることもあります。

Endurance race materials used in GT cars, touring cars, and prototype endurance races. Sometimes used in sprint races for high friction and good stability.



Product search

Product search


 摩擦係数 バイト 対フェードパッドライフディスクライフモジュレーション
RSL1 9 8 81099
RSL2 8 8 81099
RSL19 7 6 791010
RSL29 7 7 791010
バックプレートデザイン Back plate design
PAGIDブレーキパッドは、バックプレートに特許を持つユニークなシステムを採用しています。
通常摩擦材は接着剤でバックプレートに固定されていますが、PAGIDではバックプレートから摩擦材に金属製の柔らかいピンを通すことで、回転方向へかかる摩擦材を剥離しようとする力をバックプレートへ逃がします。これが特許を取得した技術で、摩擦材剥離の発生率を限りなく小さくしています。

PAGID brake pads uses a unique system with a patented back plate. Normally, the friction material is fixed to the back plate with an adhesive, but in PAGID, by passing a soft metal pin from the back plate to the pad, the force to peel the pad applied in the rotation direction to the back plate is applied to the back plate Let it go. This is a patented technology that minimizes the rate of wear on the pad.
PAGID RSブレーキパッドのベディング(ならし)について About PAGID RS brake pad beddings
PAGID RSブレーキパッドはベディング(ならし)をおこなうことで、最高のパフォーマンスを発揮します。もし、新品状態でハードな使い方をした場合には、グレージングを起こしブレーキパッドの摩耗材がガラスのようにもろくなることがあります。
グレージングとは、摩擦材のレジンが摩擦材表面とブレーキローター表面の両方で結晶化する現象のことで、じゅうぶんな制動力を得ることができず、さらにジャダー(振動)を起こす原因になります。このグレージングを防ぐにはベディングにより、揮発成分や水分をレジンの中から除去することが重要です。適正なベディングで、摩擦材の小さな裂け目やヒビ割れ、欠け落ちなどのトラブルを未然に防止します。

PAGID RS brake pads perform best performance by bedding. If you use it hard in a new condition, it may cause glazing and the wear material of the brake pad may become brittle like glass. Glazing is a phenomenon in which the resin of the friction material crystallizes on both the surface of the friction material and the surface of the brake rotor, which makes it impossible to obtain sufficient braking force and causes judder (vibration). To prevent this glazing, it is important to remove volatile components and moisture from the resin by bedding. Proper bedding prevents problems such as small cracks, cracks and chipping of the brake pad.
ベディングの必要性 Bedding needed for best results
最高の効果を発揮するために、ベディングでブレーキローターの表面に摩擦材の被膜を作ります。
やわらかいペダルフィーリングを防止するために、ベディングで摩擦材に熱を入れて弾力を持っている成分を硬化させます。
ベディング中に、摩擦材のコンパウンドの中から揮発性の成分を熱によって除去します。
ブレーキパッドの表面が、ブレーキローターの全面に接触するようにベディングで均一な面を作ります。

A friction material coating is applied to the surface of the brake rotor by padding. To prevent soft pedal feeling, heat the friction material with bedding to harden the elastic component. During bedding, volatile components are removed by heat from the friction material compound. Create a uniform padding surface so that the surface of the brake pad contacts the entire surface of the brake rotor.
基本ベディング(ある程度の熱をブレーキパッド・ローターに加える)Basic bedding (adds heat to the brake rotors)
4~6回、中程度のブレーキペダル圧で約150km/hから約80km/hへのブレーキングをおこないます。このときのブレーキングの間隔は、約300mから400mの距離をおきます。その際、ブレーキパッドの温度が400℃以上にならないようにし、ブレーキを引きずらないように注意してください。また、温度上昇を早めるためには、ブレーキのエアダクトを塞ぐことが効果的です。

Four to six times, braking from about 150km / h to about 80km / h with moderate brake pedal pressure. The braking interval at this time is about 300m to 400m. At that time, make sure that the temperature of the brake pad does not exceed 400 ° C and that the brake is not pulled. it is effective to close the brake air duct to prevent losing heat.
基本ベディング後(レースを想定)After basic bedding (Race preparations)
基本ベディングが終了したら、約180km/hから約80km/hへ中程度のブレーキペダル圧でブレーキングをおこないます。その際、ブレーキを引きずらないように注意してください。そして3〜4回、クリーニング目的で軽くリカバリーストップをおこないます。このハイスピードからのブレーキング&リカバリーストップは500m程度の距離をおき、2〜3回繰り返しおこなってください。

After the basic bedding is completed, brake from about 180 km / h to about 80 km / h with moderate brake pedal pressure. Be careful not to drag the brakes. Then, perform a light recovery stop three or four times for cleaning purposes. This braking and recovery stop from high speed should be repeated a few times at a distance of about 500m.
ベディングは使用中のブレーキローターで Bedding using current brake rotors
ベディングは使用中の使い終わっていないブレーキローターでおこなうことをおすすめします。PAGID RSブレーキパッドは、ソリッド・グルーブド(溝付き)・クロスドリル(穴あき)でもベディング可能ですが、ブレーキローターのベディングはローターの製造者のマニュアルを参照してください。

We recommend that you do the bedding with a used brake rotor that has not been used. PAGID RS brake pads can also be padded with solid, grooved and cross drilled (perforated), but brake rotor bedding should be consulted with the rotor manufacturer's manual.
新品ブレーキパッドを装着時の注意 Precautions when installing a new brake pad
新品のブレーキパッドを使用中のブレーキローターに装着する際は、ブレーキパッド表面のエッジ(角)を約45度に面取りしておきます。面取りすることでブレーキパッドの表面がブレーキローターの全面に均等に接しローターのエッジにも接触しません。また、事前にベディングしたブレーキローターやPAGID以外のブレーキパッドを使用したブレーキローターではベディングをしないでください。その場合は、ブレーキローターの表面をサンドペーパーで軽く削ってからベディングしてください。

When attaching a new brake pad to a used brake rotor, bevel the edge (corner) of the brake pad surface to approximately 45 degrees. By chamfering, the surface of the brake pad evenly contacts the entire surface of the brake rotor and does not contact the edge of the rotor. Also, do not pad with a pre-bedded brake rotor or a brake rotor that uses a brake pad other than PAGID. In that case, lightly sand the surface of the brake rotor with sandpaper before padding.